前へ
次へ

秋になると食べたくなる健康食に焼き芋

おでんや肉まんと言うと寒い時期の食べ物で、以前は夏などには売られていませんでした。
しかしコンビニで売られるようになって少しずつ様子が変わってきて、お店にもよりますがおでんなどを一年中販売しているところもあります。
そもそも夏だから熱いものを食べないわけではないですし、エアコンの効いたところで食事をする人が多い現代においてはあまり季節は関係ないかもしれません。
季節的な食べ物としておでん以外に焼き芋があります。
こちらは移動販売が主流になっていて、街にやってきたときにスピーカーなどで知らせてくれます。
OLであったり主婦など女性に非常に人気があり、こっそり食べていた人もいるかもしれません。
焼き芋も秋や冬のイメージが強いですが最近はスーパーなどで一年を通して売られるようになっています。
ただ本格的な焼き芋といえば移動式のもので、こちらは夏に売りに来ることはほとんどありません。
石焼き芋の声が聞こえてきたらそろそろその季節かと感じるのでしょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren8set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

では焼き芋は食事の中ではどんな位置にあるかですが、あまり三食の一部として食べることはないかもしれません。
主におやつとして食べることが多そうです。
材料はサツマイモで、加熱した石の中でじっくり熱せられることで甘みや粘りが増すとされています。
実はこの焼き芋が健康食として知られていて、おやつとしてどんどん食べた方が良いとされています。
焼き芋のいいところとしてまずは甘みがあるでしょう。
芋類は元々炭水化物が含まれていて、加熱により甘みが増します。
甘みがあると糖分の取り過ぎになると感じますが、砂糖などよりは少なく血糖値の上昇もあまり気にしなくていいでしょう。
さらに焼き芋の原料であるサツマイモは食物繊維が豊富であり、それが健康食の理由でもあるでしょう。
腸内環境を良くしてくれれば内臓を元気にしてくれたり、肌をきれいにする効果もあるかもしれません。
ただ何でもそうですが食べすぎカロリーオーバーになるのでほどほどにしておきましょう。

Page Top